最近は、職場などでの人間関係が原因でうつ病に

なり、長期休職、退職される方が増えているそうです。

 

発達障害の二次障害としてうつ病を併発される方も

おられます。

 

そもそもうつ病とは、特別な人がなるわけではなく

誰でもかかる可能性はあります。

 

うつ病も精神のエネルギーを低下させ、さまざまな病気の

原因になったり、病気を悪化させたりして、最悪のケースでは

自殺の恐れもあります。

 

心配事が続いたり、過度のストレス、環境の変化などにより、

孤独感が強くなり、将来への希望を見いだせなくなった

時などに、うつ病にかかりやすいといわれています。

 

うつ病は早期発見・早期治療が非常に有効です。

しかし人によっては、長期の治療が必要なこともあり、

その場合は、辛抱強く治療に専念していくことが

大事です。

 

 

日本では、約15人1人が経験していると言われています。

また、うつ病にかかっている人の4分の1程度の人が、

医療機関を受診していますが、4分の3の人は

苦しんでいてもうつ病だと気づかなかったり、医療機関を

受診することを拒否しています。

 

本人だけでなく周囲の理解と協力も必要不可欠だと

私は、思います。

 

うつ病は正しく治療すれば、治る病気だと言われています。

やはり、病気に対する正しい理解と知識で、早期発見・

早期治療に心掛けるのが大事だと言えそうです。

 

 

追伸:無料メール講座お申し込み⇦♡クリックしてね