突然ですが、あなたは今まで人に”ウソ”をついたことはありますか?

おそらくほとんどの方が、「YES」と答えることでしょう。

あなたが、何歳かは知りませんが、ウソをついたことが一度もないという方はいないと思います。

ウソにもついてはいけないウソと、場合によってはついたほうがいいウソがあります。

よく「ウソも100回唱えれば、誠になる」と言います。

「自分は、こうありたい」というプラスの言葉を、とにかくノートに繰り返し書いてみてください。そして、それらのことを唱えてみてください。

「なんだそんなことか」ともしかしたら、あなたは思われたかもしれません。
しかし、脳にプラスのイメージを刷り込むためには、このような反復練習が効果が大きいのです。

このように繰り返すことにより、プラスのイメージが着実に脳に浸透して、脳がだんだんとその気になってくるのです。

例えば、自分の部屋の目立つところに、目標を書いてはっておくのもいいと思います。

毎日、50回、100回と書いたり、唱えているうちに、その言葉に血が通うようになり、いずれ自分が求めていたものが現実に反映されるようになるはずです。

この反復練習のコツは、マイナスのイメージの上にプラスのイメージを上塗りする感じで行ないます。

つまり、すでにあなた自身がもっている回路のいい部分を伸ばしてあげるのです。

今日は、以上になります。

いかがだったでしょうか?

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あなたが笑顔で輝き続けるために、、、、

 

追伸:無料メールセミナー開催中⇒12のココロの”新”習慣

 

YouTube Preview Image