赤堀です。

赤堀の最新刊電子書籍が好評です!!

===========================

◆Amazon電子書籍第4弾
 『光と闇の法則~人生がしんどいなと感じたら読む本』
 ⇒https://www.amazon.co.jp/dp/B01LJX78EM

こちらで無料で、「まえがき」が読めます。

悩みや問題の根本原因を知れば、
人生は90%うまくいきます。

===========================

 

 

さて、本題です。

多くのカウンセラーやセラピストは、トラウマは
良くないと無理矢理クライエントのトラウマを
取ろうとします。

しかし、私はそのことに対して疑問を感じます。

本当にトラウマを無理矢理取っていいものか?
と・・・。

なぜならば、トラウマが原動力になりビジネスや
仕事で成果を出し成功されている方もいるからです。

また、トラウマのお陰で今の生活がうまくいっている
ケースもあるからです。

例えば、私の隣町のある会社の会長さんは小学生の時
お弁当に梅干しが一つとか醤油をつけた海苔がご飯の
上にのっているだけということでみんなからバカに
されたそうです。

その会長さんは、家が貧しくてお金がなくお弁当の
おかずも梅干しと海苔だけということでみんなから
バカにされたことがトラウマになりました。

今では、従業員も何百人も抱え一部上場企業にまで
一代で築き上げました。

その会長さんは、「あのときの辛く苦しく悔しい経験が
トラウマとなったお陰で今があるんだ」と言います。

このことは、他の人にも当てはまることです。

トラウマは、日常生活に支障がなければ無理に
外す必要はありませんし、無理に外したことで
社会に出て上手く行かなくなったり、ビジネスや
仕事でお金が稼げなくなり働けなくなるケースも
あるからです。

そして、お金が稼げなくなり働けなくなるということは、
一定確率で自殺者を生むということにつながるからです。

日本では、失業者の数と自殺者の数は相関関係に
あり、失業者の数が増加すれば、自殺者の数が
増加します。

失業者の数が減少すれば、自殺者の数も減少傾向に
あるのです。

自殺に追い込む要因は、恥と劣等感なのですが
失業により働けなくなり、お金が稼げなくなる
ことにより恥と劣等感が増すのです。

このように、トラウマを取るということも
トレードオフなのです。

もし、あなたがトラウマを外すときには2つの
ことを考慮してみて下さい。

1:そのトラウマによって現在どのような支障が
出ているのか?

2:そのトラウマがあるおかげで、どのような
成果や結果につながっているのか?

以上の2つのことを考慮してから、トラウマを
外すことができるカウンセラーやセラピスト
に依頼してみて下さい。

公式無料メールマガジン

当サロンの公式無料メールマガジン「心の絆通信」

ストレス社会に生きる現代のサラリーマン、ビジネスマンの方へ

もっと自分に適した本当に心からやりたかったことを、

今こそ始めませんか!!

たった一度の人生なのだから、、、、。

「やりすぎてもいい、やり残すことだけはするな!」

ピンときた方は、登録してください。

完全無料です。

今すぐ購読を希望する。⇒「心の絆通信」

YouTube Preview Image