認知の凸凹というと難しく感じるかもしれませんが、

コミュニケーションが苦手、空気が読めない、衝動性、

など自分が得意なこと不得意なことがあると思います。

 

発達障害の研究が進んだ現代、認知の凸凹は、

先天性の脳の疾患が原因であることがわかってきました。

 

発達障害の症状は、人により異なります。

一つの症状の人もいれば、いくつもの症状が

重なっている人もいます。

 

発症の時期や、家庭や職場の環境によっても

左右されるものです。

 

認知の凸凹は誰にもあります。

 

「聞く力」が弱ければ、「見る力」でカバーできれば

学習は進められます。

 

少しの支援で子供の将来は、大きく変わります。

 

そして、発達障害のある子の教育や大人の方の発達障害

に対する対応は、実は発達障害がある子や大人の方の

発達障害の人だけに有効なのではなく、

全ての人たちに有効なものです。

 

追伸:無料メール講座お申し込み受付中

※よろしければ、ご検討ください。

お願いします。