こんにちは、愛と夢心の絆サロン代表の赤堀和彦です。

 

誰にでもスランプは、つきものです。

気分が落ち込んで、ふさぎ込みたくなるようなときもあるでしょう。

メジャーリーグで活躍するあのイチロー選手でもありました。

そのような時には、無理矢理前向きになろうとしても、空回り

してしまい、なかかなか思うように、心身共に動けないものです。

こういう場合には、思い切って休んでしまうのも一案です。

あまりがんばりすぎると、心身共に疲れ切ってしまいます。

たまには、休養も必要です。

寝飽きるくらい寝て、ゆっくり体を休ませれば、いずれまた「よしやるか」という前向きな気持ちがわいてくるでしょう。

また、どうしてもゆっくり休むこともできないならば、「15分考えても結論が出ないことは、一旦忘れてしまいましょう」といったように、時間で区切ってみることをお勧めします。

落ち込む時間や悩む時間に時間制限を設けると、意外に素直に脳が反応してくれて、気分転換ができやすくなります。

一旦、頭の中をリセットして、後でもう一度考えてみることで、物事が別の角度から見えるようになり、新たな出口が見つかりやすくなります。

今日は、以上になります。

いかがだったでしょうか?

 

 

では、このあたりで失礼します。

今日も最後までお読みくださり、
ありがとうございます。

あなたが笑顔で輝き続けるために、、、、

 

追伸:無料メールセミナー開催中⇒12のココロの”新”習慣