a1640_000080

 

さて、その体調管理・健康管理には大きく
分けて3つに分けられます。

①睡眠

②食事

③運動

そのなかでも今日は、短期的に影響が出る
「睡眠」についてお話ししたいと思います。

睡眠にはおもに、次のような役割があると
されています。

・体を休める

・新陳代謝を高める

・記憶の整理や定着

・学習の促進

・記憶の統合

など。

そうなんです。睡眠は体の健康維持を図る
だけでなく、記憶の整理にも有効なんです。

順番に見ていきましょう。

1:記憶の整理・定着

記憶は私たちの五感を通じて、脳に入ってきます。

まず最初に、両耳の奥の方にある「海馬」に記憶を
一時預かりします。

この海馬の中で、私たちが寝ている間に必要な情報
と不必要な情報を分別しているのです。

その時、海馬が必要な情報と判断すればそれが今度は
「大脳新皮質」へと移りデータベースとして記憶されます。

2:学習の促進

あなたは今までこんな経験をしたことはありませんか?
何回も練習してもうまくならなかった問題が、
あるとき急に解けたり。

できなかったことが、あるときすんなりできるように
なったとかいう経験。

実は、これらも脳の中で起きている現象なのです。

例えば、何回も転んでいた自転車乗りが、あるとき
乗れるようになる。

ギターやピアノで、
何回練習しても全然弾けなかった部分が、
あるときすんなりと弾けるようになる。

これらは、「レミニセンス」と呼ばれる現象で、
睡眠中に夢を見ている間に記憶が整理整頓され、
その後の学習を促進させているのです。

3:記憶の統合

記憶はいろいろな記憶が、アイデアとしてパッ
と浮かぶものです。

記憶は、寝ている間に熟成・成長しているので
決して同じ状態が続いているわけではありません。

何度も繰り返し情報を入れていくと新しい情報が
入ってくる中で、記憶がうまく自分の想う形に
熟成されていくのです。

よくミュージシャンの方が、トイレの中とか
お風呂の中でリラックスした状態の時に良い
詩が浮かぶということにつながります。

一般的には、リラックスした状態の時に
良いアイデアは出やすいものです。

今日は、以上になります。

睡眠と記憶の仕組みを理解して、あなたの目標達成に
活用していただけたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・<質問タイム>
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら、
下記までメールをください。

勿論匿名で大丈夫です。

あなたの知りたいことや疑問に感じていることを、
なるべくブログで取り入れていく予定です。

info@kokoro-kizuna.com

<最後に一言>
寝る子は育つ

大人も同じ

質の良い睡眠を・・・。

 

執筆者:赤堀和彦