発達障害は、脳の機能障害が原因だといわれています。

脳機能障害を起こす要因は、いくつかありますが、

中でも遺伝的要因が重要です。

 

ただ、遺伝的要因があれば必ず発症するわけではなく、

単に発達障害になりやすい性質が遺伝するということです。

 

その他では、出産前後のトラブルが関係していると考えられています。

 

さらに、妊娠中の母親の喫煙や飲酒、環境ホルモンなどの

環境汚染の影響も指摘されています。

 

よく発達障害は、親の育て方が悪いとかしつけが悪いと言われていますが、

それだけで発達障害になることはありません。

 

しかし、一時的な原因として遺伝や出産期のトラブルによる脳機能障害がある場合には

育て方など心理的社会的要因が加わることで、うつ病などの二次障害になったり、

すでにある発達障害が悪化することがあります。

 

 

追伸:無料メール講座お申し込み