a0001_016454

 

ところで、人々の悩みで一番多いのは
何だと思いますか?

少し考えてみてください。

はい、それでは答えを言います。

悩みの中で一番多いのは、
「人間関係」の悩みです。

正解の方、おめでとうございます。

人間関係の悩みは、悩み事の90%を
占めていると言われています。

ですので、ほとんどの悩みは人間関係の
悩みから派生しているのです。

人間関係は死ぬまでつきまといます。

ですのでより生きやすくするためには、
人間関係をいかに円滑にしていくかが
重要になってきます。

そこで、今日は本音と建前に関して
お伝えします。

あなたは、今までこんな経験をしたことは
ありませんか?

いくら相手にあやまってもゆるしてもらえず、
相手との関係がその後ギクシャクしてしまった。

こうしたことがなぜ起きるのでしょうか?

一つは発した言葉と本心が一致していなくて、
それが相手に伝わってしまったことが考えられます。

いくら自分では「あ~悪いことしたな」と
思って謝っても心のどこかに

「自分の責任じゃない」

「相手も絶対悪い」

「とりあえず謝れば丸くおさまるだろう」

などと考えて言葉を発するとそれが相手に
伝わるのです。

つまりそのような気持ちで発すれば、

無意識に表情や態度に現れてそれが
相手に受け取られて「この人は本心
からあやまっていないな」ということ
になるのです。

昔から「目は口ほどにものを言う」と
いいます。

どうしてもそのような態度や表情は
出てしまうんですね。

つまり、言葉と表情・態度の矛盾です。

これではいくらあなたが謝っても
なかなかゆるしてもらえません。

さて、それではどうしたらいいのでしょう?

時間を取るので、あなたも一緒に考えて
みてください。

さて、いかがでしょうか?

矛盾なく相手と分かり合うためには、
そもそも人間というのは、矛盾を抱えた
生き物なんだということを頭の隅に
入れておく必要があります。

そうしたうえであなたが相手にしてきた
本心とは異なる無意識の表情やメッセージ
に気づくことが大事です。

特に日本人は本音と建前の文化の中で
生きています。

それらが生活の一部となり,そうしたことは
日常茶飯事なんですね。

ですので、心の中で思っていることと
言葉の矛盾を理解する必要があるのです。

今日はこの辺りで失礼します。

いかがだったでしょうか?

感想やコメントをお待ちしています。

今日のブログの感想や気づき学びを
教えてください。

また、現在あなたが一番悩んでいることや
人間関係についての意見などもコメント
してみてください。

info@kokoro-kizuna.com

それでは今日も一日充実した日をお過ごしください。

ありがとうございます。

感謝してます!

 

執筆者:赤堀和彦

 

★無料適職・天職診断ツール
自分の適職や天職、興味性をすぐにでも知りたい方は、
こちらからエントリー
「適職・天職超カンタン発見シート」ツール
http://kokoro-career.com/tekisyoku-haxtuken/