m008-007

人間関係は生きていくうえで切っても切り離すことは出来ません。

なぜなら、人間は一人きりでは生きていくことが出来ないからです。

私たちは、それぞれの生活史の中で独自の自己を形成します。
そこには、価値観や考え方、物事の捉え方、感覚、性格、欲求など人それぞれ
異なります。

その様々なパラダイムをもった人々とどのようにして人間関係を形成して、
構築していくのかをまとめてみました。

目次 人間関係形成の過程

1.魅力的な人とは

1-1.距離感

1-2.どのくらい知っているか

1-3.態度が似ているか

1-4.身体的な魅力

1-5.尊敬の気持ち

1-6.好意に対するお返し

2.人間関係の深まりと安定化

2-1.対人関係の発展3段階とは

2-2.ジョハリの窓

2-3.自己理解と自己開示

2-4.自己開示の量と質

 

1.魅力的な人とは

a0001_013655

魅力的な人とは、どのような人でしょうか?

マズローは、欲求段階説の中で人間には愛と所属の欲求と承認と尊敬の
欲求という人間関係に結びつく欲求があることを説きました。

人はどんな人とも仲良くなりたいのではなく、自分にとって魅力的な人との
関係をより深めようとします。

それでは、人はどのような人に魅力を感じるのかを見ていきたいと思います。

 

1-1 距離感

人は距離が近ければそれだけ親密な関係になれることが知られています。

例えば、近所同士の友達の関係、学校生活では席が隣同士、団地やマンションの
関係など部屋が近い人同士が親しくなることはしばしばみられます。

距離が近いほど親しくなる理由としては、接触頻度やお互いより親しく理解
しようとすることが考えられます。

相手のことがよく分かり始めると、適切な関係へとつながりやすくなります。

しかし、空間的な近さが親密な関係に及ぶことは、人間関係の形成の初期の段階で、
次第に他の要因が強い影響を与え始めます。

 

1-2.どのくらい知っているか

接触回数が多くなれば親しみも湧いてきます。

初対面では、相手のことがよくわからないので警戒心がありますが、
好奇心もあるのも事実です。

合う回数が増えれば増えるほど、警戒心が薄れ相手のことが
理解できるようになります。

例えば、テレビのコマーシャルでも意識していなくても何回も
見る回数が増えれば、親しみを覚え始めてきます。

しかし、合う回数を多くしても親しくなれない人もいるということは
理解しておく必要があるでしょう。

 

1-3.態度が似ているか

似た者同士は親しくなりやすいと言われています。

ではなぜ、「似た者同士」は親しみやすくなるのでしょうか?

その理由は、私たちは自分の態度や行動が適切なものかを確認しながら
生活している傾向がります。

そのため、自分と似たような態度や行動を取る人が近くにいることで、
安心感が生まれると考えられています。

また、自分と態度や行動パターンが似ているので相手の行動が
予測しやすことも、安心して親しくなれる要素だといえます。

その一方で、自分と態度や行動が異なる人に対しては、
「あの人、変わっているね」「わがままだ」などと批難して
離れる傾向があります。

 

1-4.身体的な魅力

人は、初対面での第一印象が重要だと言われています。

例えば、就活での面接試験、お見合い、ビジネスでの出会い、
営業など第一印象が悪いとそこで関係も終了してしまうかもしれません。

その第一印象では、表情とか身体的な雰囲気で判断されることが
多いと言われています。

特に、身体的な魅力は初期の段階では強い影響を与えます。

なぜ、身体的に魅力的な人に好意を抱くのでしょうか?

それは、身体的に魅力的で清潔感がある人は、聡明であるとか
性格も明るくて良いとか内面的な部分も素晴らしいと拡大解釈
されやすいためです。

このようなことを、「ハロー効果」といいます。

また、魅力的な人と一緒にいるだけで、自分も社会的にも
誇らしく感じられることも考えられています。

 

1-5.尊敬の気持ち

人が相手に好意や良い印象を持つ事が多いのは、面白い、明るい、優しい、親切など
の気持ちが湧く時です。

年齢が小さい段階では、相手が面白いとかかわいいとかに好意をよせますが、
年齢が大きくなるに連れ、尊敬とか憧れの存在が相手に対して好意を抱く傾向が
あります。

 

1-6.好意に対するお返し

人は、親しくなるに連れ相手への信頼も増していきます。

相手が自分に好意を寄せれば、自分も相手に好意を抱きやすくなります。

子どもも叱りつけられたり、怒る相手よりも自分のことをほめてくれる人や
親切にしてくれる人に好意を寄せます。

また、困ってくれている時に親身になって相談に乗ってくれた、
助けてくれたなどの行為に対しても相手の優しさに対して、
信頼関係も構築されます。

 

2.人間関係の深まりと安定化

a1380_000394

私たちは、ある人に好意をもつとますます相手のことが知りたくなり、より関係を
深めたいと考えます。

それでは、どのようにして人間関係を深めていくのでしょうか?

その過程で重要なのが、コミュニケーションの取り方にあるのです。

 

2-1.対人関係の発展3段階とは

対人関係を構築していく過程には大きく3段階に分けることが
できます。

1:気付きの段階

2:表面的な接触段階

3:相互作用の段階

それぞれ見ていきましょう。

1:気付きの段階

 自分が相手に好意や関心をもつ段階です。例えば、相手を見つめる、話しかける
 ことで、相手の反応を期待する段階です。

2:表面的な接触段階

 表面的な形式的なやり取りをする段階です。例えば、会社のつながり、先生と生徒、
 医師と患者、店員とお客さんの関係など形式的で相手に自分のことを打ち明ける
 程度が低めな段階になります。

3:相互作用の段階

 相手のがこちらに期待した程度の好意を示してきたり、満足したり、安心したり
 次第に、個人的な情報も自己開示し始める段階です。

 自己開示の回数は多くなればなるほど、相手との関係も理解が深まってきます。

 そうなれば、より自分の本音や相手の本音も出やすくなり、親密度も増していきます。

 もともと人間関係は、お互いのことが何もわからない段階から始まり、相手に興味や
 関心をもち、自己開示の量と内容が増えることにより、相手との関係も信頼や共有が
 深まります。

 

2-2.ジョハリの窓

人間関係を深めていくためには、コミュニケーションの取り方が重要であり、
そのためには、自己開示の量と内容を深めていく必要があります。

実は、自己開示の時に意識することは私たちには4つの領域があるということです。

この4つの領域(窓)のことを、ジョハリの窓と言います。心理学では有名ですよね。

ジョハリの窓とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

<ジョハリの窓とは>

1:自分も相手も知っている開放された窓

 自分も相手も自分のことがわかっている領域などで、気楽にありのままの付き合いができる窓

2:自分は気づいていないが、相手は知っている盲点の窓

 自分のクセや態度が自分では気づいていないので、人間関係ではより注意が必要です。

3:自分は知っているが、相手は知らない窓

 この窓では、相手に知られたくないことや隠している部分があります。例えば、個人的な情報、
 家族との関係など。

 自分の気持や感情は隠す付き合いになるため、何事もないようなふりをして付き合う領域です。

4:自分も他者も知らない未知の窓

 相手も自分も知らない領域なので、お互いに相手のことがよくわからなく理解に苦しむ領域です。

 

2-3.自己理解と自己開示

人間関係を構築していくためには、自己開示が大切ですが、初対面の人に対しては、
ジョハリの窓で言うところの開放された窓は小さいものになります。

その小さな開放された窓に対して、相手がどのような※フィードバックするかにより、
自分の自己開示の仕方を決めていきます。

相手のフィードバックが自分に満足するものであれば、より相手に対して量や質も
増した自己開示になっていきます。

やがて、開放された窓の大きさも大きくなるに連れ、相手との関係もより親密で
安心感も増していきます。

そして、信頼関係が増していくことにより相手との関係も、隠された部分は小さくなり、
開放の窓がさらに広がるという好循環になるのです。

さらに、自分では気づいていない部分を相手が指摘してくれることのより、
自分への理解が深まっていき、自己成長へとつながります。

このように、自己開示は自分への理解や相手との関係の深まりに、大きな
影響を与えます。

フィードバック・・・情報や働きかけを受けた側が、相手に何らかの反応を返すこと。

 

2-4.自己開示の量と質

良好な人間関係の形成には自己開示が重要ですが、気をつけなくてはいけないことが
あります。

どんな相手でも同じように自己開示する必要はないということです。

自己開示はある意味で、個人情報にもなる重要な事で、相手を選ばないと
取り返しがつかない事態も起こりえます。

例え相手がドンドン自己開示してきても、慎重になるときは必要です。

決して同じように相手に合わせて、自己開示していかなくてもいいのです。

自己開示は、相手との関係を構築していくためには大切ですが、自己開示の量や質
には注意をはらい適切な自己開示で安心安全を心がけましょう。

 

公式無料メールマガジン

a1640_000193

公式無料メールマガジの購読を希望される方は、下記のURLをクリックして
詳細を確認してから、メールアドレスを入力して申し込んで下さい。

完全無料なので、安心・安全です!!

あなたも是非、この機会にお気軽にどうぞ、、、、

http://kokoro-career.com/tekisyoku-haxtuken-2/