発達障害の二次障害には、うつ病、不安障害、強迫性障害、パニック障害などがあります。

さらに、学校や会社でうまくいかないことを先生や上司などから責められ、
自信を無くして、不登校や出社拒否、引きこもりになるケースもあります。

二次障害を合併した場合には、治療が非常に困難になってしまいます。

お医者さんも、これは発達障害なのかうつ病なのかどこからきているかの
判断が非常につきにくくなるからです。

そのため、発達障害の治療と並行して二次障害も治療するとなると、
なかなか複雑になり時間もかかってしまうのです。

 

そうならないためには、周りの人たちの理解と支援が必要です。
早期発見をして、生きにくさを解消できれば、ストレスも減り、
自尊感情も傷つけることもなくなります。

 

発達障害者が、心の平安を維持して自信を取り戻せれば
二次障害を併発させる可能性は低くなるでしょう。

 

 

追伸:明日はきっといい日になる

一期一会:出会いは偶然ではなく、必然である

人間万事塞翁が馬

継続は、力なり

 

追伸2:[期間限定]無料メール講座開催中