IMG_1228

 

さて、今日は信頼関係を築くことについてお伝えします。

あなたはこんな経験はありませんか?

買い物に行っていつも同じ店員さんに
対応してもらうこと。

通勤電車やバスでいつも同じ車両や顔を
毎日見かける人。

あるいはゴミ出しに出かけると名前も
知らないけどいつも挨拶だけしている人。

そのようにいつも接しているうちになんだか
その人のことが気になってくる経験をお持ちでは
ないでしょうか?

このように人は何回も顔を合わせて会う回数が
増えるほどその人を信頼する傾向があります。

心理学では、このことを「単純接触効果」といいます。

全く相手のことを知らなくても回数を重ねて
会っていくことで、相手との信頼感や好感度が
増していくのです。

例えば、営業関係のお仕事をされている方なら
頻繁にお客様とお会いしたほうがいいし、プライベート
でも相手との関係を深めたいならたとえ短時間でも
直接会う回数を増やしたほうがいいのです。

私は郵政が民営化される前に国家公務員として
郵政事務官の職についていたのですが、まあそれは
どうでもいいですが、、、、

実際にこういう話があります。

ある遠距離恋愛中の女性の方がいて、その方のお宅に
毎日「郵便です。書留です」と郵便物を届けていた
郵便局員さんがいました。

1年後にどうなったか?

なんとその郵便局員さんと遠距離恋愛中の
女性が結婚してしまったのです。

また、人の脳には同情ニューロンという神経細胞が
あり、目の前で会っている人の脳と同調しようという
働きをします。

ですので、仕事で取引先やお客様との間で
何かトラブルが発生した時には、電話や
メールで対応するのではなく、直接会ったほうが
解決しやすいのはこのためです。

このことは就活や転職、キャリアチェンジでも
いえることです。

なぜなら、直接会って面接を受けてみないことには
相手側のこともわからないし、あなたの魅力やセールスポイント
もうまく伝わらないからです。

そのためには、なんとしてでも面接までこぎつける
必要があります。

いかに書類作成で、採用者側から「この人に
直接会ってみたい」と思ってもらえるかが
大事になってきます。

ということで、今日は以上になります。

 

★「就活・転職成功への道標」(電子書籍)

・明確な夢や目標がなくても大丈夫!
・やりたいことや得意なことがわからなくても良い!
・将来に不安を抱えていてもOK!
・職業相談や転職相談や面接対策をしても、なぜか怖くて
動けない人がほとんど!

その謎がこちらで解けます!
http://kokoro-career.com/tennsyoku-seikou/

 

★無料適職・天職診断ツール
自分の適職や天職、興味性をすぐにでも知りたい方は、
こちらからエントリー
「適職・天職超カンタン発見シート」ツール
http://kokoro-career.com/tekisyoku-haxtuken/