赤堀です。

 

 

高度情報化社会なので今後もさらに
多くの情報が増え続け、時間の経過
も感覚としてより早く感じるように
なるかもしれません。

 

そんななかでいかに自分らしく生きるのか、
自分の生き様は何なのか、生きた証をどの
ように残していくのかなど・・・。

自分のスタンスを見失わないことが
大事ではないのかなと感じています。

 

あなたはどのように感じていますか?

 

さて、本題です。

 

今日のテーマは、「心の平安」について
お伝えします。

 

心の平安を保つことは、目標を達成
するにも、仕事やビジネスを成功
するのにも、家庭での問題をクリア
するためにも欠かせません。

 

なぜならば、心や精神的に何か不安を
抱えていたり、問題を抱えている状態
では、冷静で適切な決断や判断が難しく
なるためです。

 

心の平安を保てない理由はいくつか
あるのですが、今日はその中の一つ
「ノーが言えない」ために心の平安が
保てないケースです。

しかし、実際にはそのことが原因で
自分が何で心の平安が保てないのか
わかっていない方が多いのです。

 

ですので、最初は自分が心の平安が
保てない原因に気づくことが大事です。

 

2番めは、そもそもノーを言った経験が
ないために断り方がわからないために
心の平安が保てないということです。

 

最後、3番めは実際にノーと言ったら
どうなるかわからないので不安を
抱えてしまうパターンです。

 

例えば、会社で上司から仕事を頼まれて
断りたいが、ノーと言ったら人間関係が
悪くなってしまうんじゃないかという
不安を抱いてしまうのです。

しかし、意外と断ったら上司も理解して
くれて、別の人に依頼して仕事に支障が
でなくて何の問題も起こらなかったという
ケースが多いものです。

 

まとめると、まず心の平安が保てない
原因に気づく。

今までノーを言ったことがないので
上手な断り方がわからない。

そのため、ノーをどのように言ったら
いいのかわからない。

 

上記のようなケースで心の平安が
保てない時には、

 

ノーを言ったらどうなるのか考えてみる。

意外と断ってもたいしたことには
ならないことに気づく。

ノーを言う時の判断基準は、

・物理的な優先順位

・自分のルールや規則に合わない

・自分のポリシーに反する(高レベル)

などの基準で上手に断るようにする。

 

いかがだったでしょうか?

 

以上、今日は上手にノーと断れない
ために心の平安が保てないケースに
ついてお伝えしました。

 

それでは、また、メールします・・・。

 

静岡県菊川市の自宅書斎にて

 

赤堀和彦

 

・メルマガの感想や何かわからないことがあれば
ご連絡ください。

 

info@kokoro-kizuna.com

=========================================

<保存版>人間の欲望解体新書
無料ダウンロードはコチラから
http://kokoro-kizuna.com/wp-content/uploads/2017/08/7f6959b6be457cc14d4a060b575bad18-1.pdf

==========================================