あなたに質問です。

「カウンセリング」という言葉にどのようなイメージがありますか?

 

例えば欧米では、日常の生活の中で何か問題が起これば、

かかりつけのカウンセラーのところに相談されているようです。

 

そして、カウンセリングの中で問題を整理して、解決策を見出す人も

多いそうです。

 

しかし、日本ではまだまだカウンセリングは病んだ人が受けるものだ。

特別なものだ。などと考えている人がほとんどだと考えられます。

 

あなたは今までこんな経験はありませんか?

 

何か困りごとで悩んでいることがあり、誰にも打ち明けることなく

自分で解決しようとしたが状況が悪化してしまった。

 

あるいは、何か困ったことが起こっても相談する人がいない。

友人もいない。親しい人にも話したくないこと。

例え家族や友人に話しても、見当はずれのアドバイスを

されてしまい落ち込んだ経験をしたことはありませんか?

 

 

そのようなときにこそ、カウンセラーに相談することで、

一人で悩みを抱え込むより、問題を客観的に見ることができるようになります。

 

 

カウンセラーは、あなたの悩みをただ聴くのみではありません。

勿論、カウンセラーに悩みを話すだけでも人によっては、十分効果はあります。

 

カウンセラーの仕事は、クライエント(相談者)が新しい人間関係や改善した行動を

選択できるように手助けすることだと考えます。

 

現代社会において、特に職場での問題のほとんどは人間関係の問題が根本に

あるので、よりよい人間関係を築くことができるようになれば、今起こっている問題だけでなく

今後問題が発生した時にも、対処できると考えます。

 

私は、今の日本で生きづらさを感じている方々に対して、カウンセリングをもっと

身近に感じていただけるように、普及に努めたいと考えています。

 

 

現在、うつ病で休業や失業中の方、自殺におびえている方、人間関係に疲れ果てて

気力を無くされた方、やりたいことがわからなくて無気力状態の方に、ぜひ

このサイトから生きる勇気や希望、生きるヒントを見つけていただけたらと思います。

 

今後もそんなあなたにお役に立つような情報をブログやメルマガで配信していきたいと

考えていますので、よろしくお願いいたします。

 

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます。

 

 

あなたが笑顔で輝き続けるために、、、、

 

 

追伸:無料メール講座お申し込み