ADHDの人は、会社などで同僚や上司の

気持ちが理解できずに、相手を怒らせてしまうことがあります。

 

人の気持ちが分からない。

自分のことをうまく表現できない。

信頼関係を築けない。

社会のルールを守れない。

 

こうした対人スキルの欠如は、子どものころから

見られるADHDの特徴です。

 

思春期、青年期以降成長するにしたがって、

対人スキルが発達する人もいますが、

多くの人は、対人関係が苦手なまま大人になります。

 

 

自分の言いたいことを一方的にしゃべり、

相手の話しを聞こうとしません。

状況に合った行動も苦手で、感謝や反省の

気持ちを表現することも苦手です。

 

 

ADHDの人は、自分のことだけで頭がいっぱいで、

他の人のことまで考える余裕がないのです。

 

しかし、アスペルガー症候群の人とはことなり、

ADHDの人は、良好な人間関係を築きたい

気持ちはあります。

 

それなので、人間関係でうまくいかないと

そのことに対して、悩み苦しむ人もいます。

 

その結果、学校でも会社でも孤立してしまう方が

多いのです。

 

 

追伸:無料メール講座お申し込み