YouTube Preview Image

人の思考というのは、右から左へと流れて、すぐに忘れてしまうものです。

しかし、”書く”という作業により、脳は考えをインプットし、記憶に残してくれます。

自分の考えの問題点も漠然と意識しているだけでは、考え方を変えなくてはという意思には結び付かないものです。

書くという作業により、自分の考え方の問題点や課題が浮き彫りになり、変えなくてはという固い意志が芽生えてくるのです。

ですから、自分の考え方のクセを知り、それを改善するには、”書くという行動”が必要です。

具体的には、日頃から自分の考えをノートや手帳に書く習慣が大事です。

どうしても手書きに抵抗感がある方は、パソコンでもスマホでも打った文章を保存しておくのがいいでしょう。

できれば、手書きがお勧めです。

手書きすることにより、脳に記憶される定着率が高まるからです。

そのように、”書くという習慣”を続けることにより、あなたは自分のことがよりわかるようになってくるでしょう。

今日は、以上です。

参考になったでしょうか?

★質問タイム★

□あなたの今の率直な気持ちを教えてください。

 ・今日のブログを読んで、何を感じましたか?

 ・今、あなたが一番気になっていることは何ですか?

是非、メールをください。以下のアドレスまでお願いします。

すべてのメールに目を通しています。

info@kokoro-kizuna.com

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あなたが笑顔で輝き続けるために、、、、

無料メールセミナー開催中⇒12のココロの”新”習慣