発達障害の方は、上司や同僚の言いたいことを理解できなかったり、

出された指示に対して忘れてしまったりして、周りに迷惑をかけて辛い

思いをしている方も多いです。

 

 

仕事を覚えることができず、そんな「ダメな自分」を責めて苦しんでおられます。

このまま迷惑をかけるのは嫌だ。

 

もうやめようかな。

そんな感情が、頭をよぎります。

 

あなたが、どうしても今の仕事が自分に向いていないのであれば

転職して自分にできそうな仕事を探すのも選択肢のひとつです。

 

もう少しがんばってみたいのなら、仕事のやり方を工夫してみるのも

いいかもしれませんね。

 

 

私は、サラリーマン時代には上司から仕事を教えてもらうときなどは、

何回も同じことを聞くことは失礼なので、94×132サイズの手帳を

胸のポケットに入れておいて、メモを取る癖をつけました。

 

 

そしたら、上司から「赤堀は偉いな。俺が言うことをメモして」と

大変ほめていただいて、上司との関係も段々よくなっていきました。

 

 

その他には、検査を行う時には、指さし確認をして、検査をしたことを

忘れないように、また確実なものにするように心掛けていました。

 

 

あせらずに、あなたなりの工夫でやりやすい方法を見つけて

いただけたらと思います。

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

追伸:「片づけられないを卒業して、片づけられる自分になるための5ステップ無料メール講座開催中」