「死にたい」と口にする人には、無理に声掛けしないで、

話しを聴いてあげることが大切です。

 

自殺願望のある人に対して、あれこれアドバイスすることは

よくありません。

 

寄り添って、なにがつらいのか、何が苦しいのか、

どうして死にたいのか、本人の話しをただただ聴いてあげるだけで、

気が楽になることもあります。

 

特に次のようなサインには注意してください。

  • 死について口にする
  • 身の回りの整理を始める
  • 先の予定を決めたがらない

「死なない」という約束をしてくれないなど。

 

また、発達障害が自殺に結びつくこともあります。

これには、二つのパターンがあります。

 

一つは、自閉症スペクトラムの人にみられることで、

死のうというそぶりをみせずに、突発的に自殺する

パターン。

 

本人は、自分が死ぬことにより、周りの人が

どんなに悲しむとかいうイメージができないまま

自殺してしまいます。

 

前触れがないので、防ぐことが困難なパターンです。

 

もう一つのパターンは、二次障害のうつ病によって

自殺願望が生まれるケースです。

 

この場合には、さまざまなサインがあります。

 

そのサインを見逃さないようにして、本人の話しを

じっくりと聞いてあげます。

 

気を付けることは、励ましたり、叱ったりしないことです。

 

おだやかに寄り添うことが、大切です。

 

 

追伸:無料メール講座お申し込み

 

追伸2:自殺予防週間 9月10日~16日