こんにちは、愛と夢心の絆サロン代表の赤堀和彦です。

 

人は、「ほめられる」ことにより成長します。

脳にとっては、ほめてもらえることほどうれしいごほうびは、ありません。

人からほめられるとドーパミンなどの”快感物質”が分泌され、それが脳回路をプラスに成長させる原動力になります。

そして、その喜びにより、自己肯定感を高め、「自分はもっとできるんだ」という自己効力感を生み出すのです。

そのためには、まずは他人のことをよくほめるということを、心掛けてみてください。

ふだんから、他人に敬意をもってほめていれば、その気持ちや言葉は必ず自分に返ってくるものです。

これは、「ミラーイメージの法則」といって、他の人のことを良くほめていれば、やがて自分も同じように人からほめてもらえるようになってくるのです。

また、他の人のことばかりでなく、自分のこともほめることが大事です。

例えば、鏡の前で「自分はよくやっているな」

「えらいぞ自分」など自分で自分のことをほめて

あげるのです。

その言葉はやがて脳の奥へと届き、脳のプラスの回路を刺激するはずです。

つまり、他人からほめられ、自分をほめることは、”自己効力感”を高めるという効果があるのです。

 

是非、これからのあなたの大切な人生のなかで取り入れていただいて、幸せを感じていただけたならと思っています。

 

それでは、今日はこのあたりで失礼します。

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます。

あなたが笑顔で輝き続けるために、、、、

 

追伸:無料メールセミナー開催中⇒12のココロの”新”習慣