こんにちは、愛と夢心の絆サロン代表の赤堀和彦です。

 

昔から「早起きは、三文の徳」と言いますが、早起きすることは、脳の働きにとってもいいのです。

例えば、前日仕事でミスをしてしまい、酷く上司に叱られて、落ち込んでいても、翌朝に朝日を浴びてみてください。

何となく気分が晴れ晴れしてくる感じになってくると思います。

理由は、太陽の光がセロトニンの分泌を活発にして、落ち込むのを防いでくれているためです。

セロトニンは、心身の覚醒とも深いかかわりがあり、そのために頭も体もシャキッと目覚め、前向きな気分になってくるのです。

また、朝日には脳の中の「体内時計」のネジを巻いてくれる作用もあるのです。

朝日を浴びるとメラトニンという睡眠にかかわる脳内ホルモンの分泌が規則正しくなり、早寝早起きのリズムが整ってくるのです。

このように、早起きすることは脳内をポジティブにしてくれるメリットがたくさんあります。

それに比べ夜は、ネガティブな思考になりやすいため、悩み事や考え事があっても、なるべくなら早めに寝てしまった方がいいのです。

もし夜型で生活のリズムが乱れがちな方は、まずは生活を朝型にすることからはじめてみてはいかがでしょうか。

今日は、以上になります。

いかがだったでしょうか?

参考にしていただけたら、うれしいです。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あなたが笑顔で輝き続けるために、、、、

 

追伸:無料メールセミナー開催中⇒12のココロの”新”習慣