01e87db6807614b1445f09342571d532ccba2fe421

発達障害のある子への接し方のポイントは、
叱ることよりほめることが重要です。

ADHD,自閉症スペクトラム、LDなど、それぞれ
生活していくうえでの問題を抱えています。

しかし、どのような問題でもその子にもともと
備わっている特性です。

本人が故意にそのようにふるまっている
のではありません。

本人は、生活していくうえでうまかくいか
ないことで、周りからなかなか理解して
もらえなくて苦しんでいます。

困ってもいるはずです。

このような状態で、叱りつけたりしても
本人はどうしたらいいのか困っているので、

余計に混乱してしまい、ますます落ち込むことになり、
自信喪失にもつながります。

当然、自分のことを肯定する気持ちも
低くなります。

「自分はダメな人間だ」

「僕は何をやっても価値が無いんだ」

となり、やる気がでなくなり、人間不信に
陥ることにもなりかねません。

ですので、叱責するのではなく、できること
に目を向けるようにしてほめることが重要です。

 

<上手なほめ方のポイント>

・すぐにほめること

・簡潔、ストレートな言葉でほめる

・抱きしめるなど言葉以外でもほめる

 

★無料メールマガジン購読者募集中

イライラから開放されて、気分転換でき

こころと体のメンテナンスに有効なメルマガに登録する

http://kokoro-career.com/tekisyoku-haxtuken-2/