m001-185

物事を習慣化・継続化していくためには「エネルギー」が
重要です。

物事を習慣化・継続化していくことができれば、かなりの
高い確率で成功できます。

結果や成果を出すことができます。

それくらい習慣化・継続化していくためには、
「エネルギー管理」がカギを握る存在です。

では、なぜそもそも人は物事を続けることが
できないのでしょうか?

それは結果や成果がなかなか出ないので、
そのうちやる気がなくなってきて自己嫌悪に
なり挫折してしまうケースが多いのです。

結果を出すための続け方には、2つのポイントが
あります。

1:結果を出すのには時間がかかるということを知っておくこと。

2:結果目標ではなく行動目標を作ること。

まず一つ目の結果を出すのには時間がかかるということを
頭のなかに入れておくことです。

そうすれば、なかなか結果が出なくてもそういうものだという
ことで納得できます。

次の結果目標ではなく行動目標を作ることは、
行動を止めないということで重要な部分です。

多くの方は結果目標を立てます。

例えば、ダイエットなら「3ヶ月間で5キロ痩せる」
という結果目標を立てがちですが、この目標の
立て方だと数字にこだわりすぎて苦しくなります。

コレに対して、行動目標では「3ヶ月間毎日、
15分間歩く」とか「夜、寝る前に腹筋を10回
行う」というような行動に対する目標を作ります。

とにかく行動できればいいわけで、続けるという
ことに意識が向くので、継続しやすくなります。

 

 

 

執筆者:赤堀和彦

 

★無料メール講座

9日間で自分の強みを見つけるメソッド