カウンセリングの受け方と注意事項

スケッチブック女性

はじめてカウンセリングを受けられる方は、「カウンセリングって今まで聞いたことはあるけど、いったいどういったものだろう」と不安な気持ちになられると思います。

おそらくあなたもそのような心境ではないでしょうか?
親しい人にもちょっと相談しにくい場合、利害関係のない第三者に相談したい気持ちになるのはごく自然なことです。

最初は誰しもカウンセリングは受けてみたい気持ちはあっても、頭の中でいろいろ勝手に想像してしまい
「いったい何を話したらいいんだろう」

「お説教されたらイヤだな~」

「怒られたりしないか・・・・。」

などと考えてしまい結局、「やはり受けるのはやめよう」となってしまうかもしれません。

実は私もはじめてカウンセリングを受けることにはものすごく抵抗がありました。
「カウンセリングでいったい何が変わるのか」

「どうせ話しを聞くだけだろう、、、、」などあまり前向きには考えられませんでした。

しかし、実際カウンセリングを受けてみるとなんと、、、、

今までまったく気づいていなかった自分の考えがまとまるし、やる気が自然と湧いてくるし、それまで悶々としていたことが
段々と整理されてきたのです。

想像してみることと行動に移してみることは違います。

もしかしたらあなたは、「人に自分のことを話して変に思われないだろうか」あるいは、「話したことが外部に漏れたりしないかな」
など不安な気持ちになられたかもしれません。

しかし、安心してください。

カウンセラーはしっかりと訓練を受けていますし、話しを聴いたり相談に乗るプロでもあり、守秘義務もあります。

ですので、ご相談内容が外部に漏れることはありません。

安心して頭に浮かんだことをリラックスして、お話ししていただければ大丈夫です。

「こんなこと話したら変かな」

「こんなことを聞いたら恥かしいな」などと躊躇せずに、遠慮なくお話しください。

結果的には頭に浮かんだことをそのまま口に出していただくことが、うまくいく方法です。

一見意味のない問題とは関係ないことでも、そこから解決の糸口が見つかったり、大きなヒントになったりします。

ですので、カウンセリングでは本当にあなたの頭に浮かんだことをそのままお話しくださいね。

それでも、「やはり私には何をどう話せばいいのかわかりません」という方は、次の4点について話してみてください。

  • 今、一番気になっていることは何ですか?
  • その気になっていることについて、あなたはどのように思っていますか?
  • どうなればその気になっていることは、解決すると思いますか?
  • その気になっていることが起こったのはいつぐらいからですか?

以上の4点についてまずは話してみてください。

あとはこちらで対処していきます。

当サロンでは、県外からの遠方の相談者様が多いので電話相談が多いですが、たまに電波の都合等で音声がとぎれたり
音量が小さくて、よく聞き取れないことがございます。

音量の設定の仕方を確認しておいていただけると、音声が小さい場合にすぐに変更できますので、ご確認していただきますようお願いいたします。

カウンセリングの受け方と注意事項の説明は以上になります。

それではよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

感謝してます!

ヘッドセットの女性